熱帯魚と暮らそう

ろ過装置

元気な熱帯魚を飼育するには、綺麗で安定した水質の水が必要になります。
そのためにもろ過装置は必須にはります。こちらもいくつか種類があります。

 

上部フィルター

 

水槽の上に乗せるタイプで、ろ過性能や、メンテナンスが良好です

また、手ごろな価格、水への酸素供給なども行えるため、非常にオススメです

外部式フィルター

 

水槽から離して設置するタイプで、別名パワーフィルターとも呼ばれ、

非常にろ過性能に優れており、作動音も非常に小さいですが、

高価なフィルターになります

外掛け式フィルター

水槽の壁に掛けて使用するタイプで、価格も手ごろ、メンテナンス性も

良いことから、最近よく見かけるようになっています。

しかし、ろ過できる容量が小さく、性能もいまいちですので、

熱帯魚を多く飼育したいと言う方にはあまりオススメできません。

底面式フィルター

水槽の底面にセットし、上に敷いた砂利をろ材とします

砂利をろ材としているため、水槽の底面全体がろ材となり、ろ過機能が

高いです。

価格が安く、ろ過機能も高いですが、メンテナンス等の度に、砂利を取り

出す必要があり、手間は大きいです

 

水中フィルター

手ごろで安価ですが、ろ過機能が非常に低いためオススメできません。

あくまでもトラブル時の代用品で用意しておくと良いかもしれません。

©Copyright 丈ちゃんのおうち. All rights reserved.

Powered by http://takechan-house.com/